高級賃貸マンションはどこが違うのか

なぜ高級賃貸と呼ばれるのか?

高級賃貸マンションは普通の賃貸マンションとはどこが違うのでしょうか。
賃貸料はもちろん高級賃貸マンションのほうが高いだろうと容易に想像がつきますが、他にどこに違いがあるのか、といったことを述べさせて頂きます。

ロケーションと広さが高級の所以

第一に、立地とその規模が挙げられます。
徒歩10分圏内に2沿線以上ある物件が多く、高層マンションであることが多いです。
また、専有面積、間取りが違いがみられます。
専有面積100平米以上の物件が当たり前のようにありますし、玄関、バルコニー、リビングなどが広く取られているのが特徴でしょう。

共有設備も専有設備もグレードは一級品

住居部分の設備も充実していて、ビルトインのオーブンや食洗機、浄水器をはじめ、床暖房やエアコンも当然のように完備されています。
高速インターネット回線があらかじめ引かれていたり、有線放送全チャンネル利用可能など、様々なサービスが入居してすぐに利用できるようになっています。
共用部分としては、フロントやロビー、ラウンジはまるで標準装備であるかのようです。
共用部分ではなく、共用施設と呼ぶべきでしょう。
ジムやトランクルームが付属している物件も非常に多いです。

細やかなサービスが提供される

また、コンシェルジュ・サービスが付随しているのが一般的です。
コンシェルジュ・サービスはホテルのようにフロント業務を行ったり、マンション施設や周辺情報の案内をする他、様々なサービスが利用できます。
クリーニングや宅配の取次、荷物の一時預かり、タクシーやハウスクリーニングの紹介など、そのサービスは多岐にわたっています。
またマンションのコンシェルジュ・サービスは、元々「ホテルのようなおもてなしを」というコンセプトで取り入れられたものですので、スタッフは可能な限り丁寧に迅速に、様々なサービスを提供してくれます。
便利な場所にある便利なマンション、それが高級賃貸マンションなのです。